こだわり派はAndroid!iPhoneとの違い4つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

d32a4e51b868e5b45368cae875d2f6ae_s

国内におけるスマートフォンのシェア率は、2012年から4年連続でApple社が1位を獲得しています。その要因として、2011年からauが、2013年からドコモが参入するなど、iPhone市場そのものの大きさがあります。また、日本で初めに本格的に発売されたスマートフォンがiphoneであり、使い続ける人が多い側面もあります。

一方で、実は世界規模で見るとAndroidのほうがシェアが高いということを知っている人はどのくらいいるのでしょうか?日本ではスマートフォンと言えばまずiPhoneが思い浮かびますが、海外ではまずAndroidが浮かぶのが実情です。

そして、「スマホに拘る派」の人々はAndroidを所持している人が多く、一人で複数台持っている人も少なくありません。何がそこまで彼らを惹きつけるのか、考えてみましょう。

1.iPhoneとAndroidの違いはなにか?

android

iPhoneとAndroidというのは、スマートフォン用OSの名称です。

iPhone(iOS)はAppleが開発したOSで、iPhoneにのみ搭載されています。つまり、iPhoneのために作られたOSです。

AndroidはGoogleが開発したOSで、誰でも扱えるようになっています。したがって、様々なメーカーからAndroidスマートフォンとして発売されています。日本国内での代表的な機種だと「XPERIA(ソニー)」「ARROWS(富士通)」「AQUOS(シャープ)」などがあり、それぞれ特徴が異なります。選択肢の豊富さが人気の一つです。

また、様々なメーカーが発売できることで、ターゲット市場に合わせた価格・機能をメーカー側が選択できます。実際に機能が豊富なものから、高齢者向けに使いやすさを重視したものまで、様々な機種が存在します。

更に、同じ機種でも発売する地域ごとに少しづつ機能やカラーリングが異なる場合もあります。このように、ニーズに合わせた機種を開発することで世界中の多くの方に親しまれています。

2.iPhoneとAndroidは何が異なるのか。

そもそも、iPhoneとAndroidの違いがよくわかっていないという方も多いでしょう。スマートフォンでいう「iPhone」と「Android」は、パソコンで言う「Mac」と「Windows」です。どのPCでも、同じ「Windows」であれば使い方は基本的に同じです。

Androidはいろんなメーカーから出ていますが、基本的に中身は同じ「Android OS」ですiPhoneとMacはAppleが専用に開発したOSを搭載しているので、中身も別のものです。

それぞれの特徴としての差にはAppleとGoogleの設計思想の違いが現れています。iPhoneはブランド性を重視します。つまり、Appleが考える使い方があり、自由に変更できる部分が少ないため誰が使っても大きな違いは現れません。また、発売の周期が決まっており(大凡年に1回)、購入の計画が立てやすいこともメリットの一つです。

Androidでは様々なメーカーが機種を販売しています。その為自分にあった機能のものを選択して購入できます。また、カスタマイズ性が高く、壁紙やアイコンを変えることが出来ますし、ホーム画面のデザインも自由です。

画面数も自由に決められますし、アイコンを減らして壁紙を際立たせる事もできます。こうしたメリットを活かして、自分専用のスマートフォンを構築できる魅力があります。様々なメーカーから次々と発売されるため、購入のタイミングを見極めにくいというデメリットはありますが、その度に新しい機能が搭載されるので飽きることがありません。

3.サポート体制が異なる

 

ios-logo

iPhoneは前述のとおり一つのブランドです。「Appleが開発したものをキャリアに売らせている」状態です。そのため、キャリアで購入した場合でも基本的にキャリアのサポートを受けることは出来ません。

iPhoneの修理受付は全てApple Storeか正規のサービスプロバイダとなります。今までの携帯電話と同様の感覚でショップに持ち込んでも断られる可能性があります。

しかしながら、iPhoneの場合は使用している人が多いので、webで検索すると情報が多いというメリットがあります。iPhoneは基本的に1種類なので、手順を踏めば解決できる場合が多いでしょう。

また、Androidの機種はキャリアのショップでサポートが受けられます。これはAndroidスマートフォンの多くにおいて、キャリアによるカスタマイズがなされているためです。「キャリアが、要求したものを様々なメーカーに作ってもらい、販売している」状態です。

その為、キャリアが独自に提供しているアプリ等を使用して、データの移行等をスムーズに行えるメリットがあります。修理を依頼した場合、数日かかるようであれば代替機を用意してもらえることも多いでしょう。

4.コラボが期待できるAndroid

asa_docomoDM01G_01

過去にエヴァンゲリオンとのコラボモデルが発売されて話題となりましたが、Androidでは様々なコラボモデルも発売されています。Androidスマートフォンは様々なメーカーから発売されるため、どこかのメーカーがコラボすればコラボモデルが登場します。

iPhoneはAppleだけが作っているので、Appleがコラボしない限りは発売されません。また、ドコモとソフトバンクからは「Disney Mobile」というラインナップが発売されています。その名の通りディズニーをテーマとしたシリーズで、着信音や壁紙も専用のものとなっており、ディズニー好きには堪らない仕様になっています。

その他、シニア向けや子供向けなどには専用の料金プランを備えていたり、使用する本人だけでなく家族の安心・安全をカバーしてくれるのもAndroidの魅力です。

まとめ

スマホで話す女性

今回は、iPhoneとAndroidの違いについて解説しました。

iPhoneのAndroidはそれぞれGoogleとAppleの設計思想が反映されています。iPhoneでは安定して誰でも同じように使える反面、自分でカスタマイズできる範囲は広くありません。

Androidは、多くのモデルがあり迷う部分もありますが、その豊富な選択肢とカスタマイズ性が魅力です。自分でスマートフォンをカスタマイズしたいこだわり派の人はAndroidがおすすめです。webで「Android ホーム画面」などど検索すると、まさに芸術的とも言えるカスタマイズが沢山投稿されています。

自分がスマートフォンで実現したいことをよく考え、自分にあったスマートフォンを選びましょう。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る