auのiPhone8にお得に機種変更するために絶対知っておくべき方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iphone8_2

auでiPhone8へ機種変更する時、どうやって買えば最もお得なのでしょうか?そりゃ、MNP(番号そのままでキャリア乗り換え)でしょう…!というのが一般的ですが、他の方法はないものでしょうか。

MNP以外の方法といえば「機種変更」しかありませんが…世間一般では「高い」と思われがちで、その気はないけど見積だけなんとなくもらう。というケースも多いのでは。ですが、それでよいのでしょうか?ここでは、auでiPhoe8に機種変更する際のお得方法について紹介します。

もくじ

MNPのメリットとデメリットのおさらい

tsuchimoto0I9A6608_TP_V機種変更のお話をする前に、安く上がると思われがちなMNP(番号そのままでキャリア乗り換え)のメリットとデメリットを整理します。

メリット

月額の低減が期待できる。正直これしかありません。各キャリアは、絶えず自キャリアにユーザーを引き込もうと努力しています。他所からユーザを取り込むと自分は+1、相手は-1ということで、シェア拡大の意味でも各キャリアはユーザー獲得にしのぎを削っています。

一般多数のユーザーは、安くなると言われれば心動かないハズがないので、MNPにおいては年中キャンペーンが展開されています。乗り換え後の月額は、機種変更に比べると安くなるのが一般的です。

デメリット

デメリットは「いろいろめんどくさい」ことです。例をあげると…

メールアドレスが変わる

最も面倒なのはここです。キャリアを変えると、@au.comや@ezweb.ne.jpなどのメールアドレスは使えなくなります。知人へのアドレス変更連絡は必須、通販サイトや各種サービスの登録メールアドレスとして使っているなら、すべて変更せねばなりません。G-mail等のフリーメールを使うことでキャリア変更の影響を少なくすることはできますが、依然としてキャリアメールを使っていることも多いかと思います。

変更処理が面倒

3キャリア間でのMNPは格安SIMへのMNPより少しマシとはいえ、契約処理の手数はどうしても増えてきます。ショップからあれこれ聞かれる項目が多くなりますし、項目が多いので待ち時間も増えてきます。

密かな足かせ「家族割」

各キャリアでは、家族まとめて契約すると1人当たり○○円割引します!という「家族割」的なプランがあります。加入されている方も多いと思いますがこれがMNPの足かせとなるケースも。家族内の一人でもMNPで抜け駆けすると、割引がなくなって月額逆転…があり得ます。

他にも、いわゆる「2年縛り」の存在、(iPhone8は関係ありませんが)キャリア限定端末へのこだわり、溜め込んだキャリアのポイントが無駄になる…いろいろあって、家族全員、満場一致でMNP!というのは、意外と難しいのです。

MNPは正直なところ、安くなるかもという以外特にメリットがなく、機種変更に比べると面倒なことがどうしても増えてきます。そう考えると、「安く機種変更する」のが最もかしこいやり方とも言えます。

auの場合、ユーザーによりけりとは言え、その方法はあります。

iPhone8への機種変更は「オンラインショップ」がおすすめ!

auでiPhone8への機種変更を考えた時、真っ先に浮かぶのはお近くのauショップや大型家電量販店でしょうか。色々と待たされるのは仕方ないですが、基本的にはスタッフの指示に従っていればいいだけで、よく知らなくても使えるようにしてくれるというメリットはあります。

しかし金銭的で見ると、実店舗での購入は損をすることも多いです。

iPhone8への機種変更をお得にすませるには「au Online Shop」の利用をおすすめします。金銭的以外にもいくつかのメリットがありますので、ご紹介します。

プラン選択が自由

iPhone8をauショップで機種変更すると、大抵の販売スタッフは「auピタッとプラン(カケホ)」あたりのプランを勧めてくると思います。これは、世間一般的でいうと最も無難なプランです。しかし、ユーザーの利用形態は十人十色。何も考えずに従うのはよくありません。

auの契約形態はドコモやソフトバンクよりバリエーションが豊富です。ここで一旦、通話とデータ通信別々で説明します。それぞれ3つあります。

通話プラン

カケホ(通話し放題)、スーパーカケホ(5分まで通話無料)、シンプル(完全従量制)があります。シンプルは¥20/30秒そのままかかるので止めておくのが無難(販売スタッフも勧めてこないと思います)です。カケホかスーパーカケホということになりますが、通話をあまりしない人にカケホは不要です。

データプラン

「データ定額」プランは他キャリアでもおなじみのプランで、2G、3G、5G、20G、30Gがあります。家に帰ればWi-Fiがあるような環境で20~30Gは多すぎです。

「ピタッとプラン」は従量制的なプランで、使用したデータ量に応じて月額が変化するのがわかります(下図ではauピタッとプラン(カケホ)を選択しています。表示額は通話料込です)。
au_pitatto
このプランは「各限度を少しでも超えると月額UP」なのが怖いところです。auから「そろそろ超えそうですよ」的な警告や案内が来ることはありません。

データ消費管理がしっかりできる人には無駄のない良いプランと言えますが、日頃からデータ消費量超過で速度制限を受けている人にとっては、無駄が生じることも多いでしょう。比較的おとなしい使い方をしていても、3G→5Gのラインは危険な感じがします(月末にギリギリ3G超えてしまった!みたいなパターン)。

auの料金プランは上記通話プランとデータプランの組み合わせ、つまり「データ定額5G(カケホ)」とか「ピタッとプラン(スーパーカケホ)」という形で決めるのが基本です(他にもありますが省略します)。わかってしまえば明快なのですが、慣れないとちょっとわかりにくいかもしれません。

少し複雑なauの料金プランも、オンラインショップならじっくりと理解を深めながらプラン検討ができます。また、店頭でありがちな「考えるの疲れた…もうこれでいいや!」ということもなく、自分のペースで考えることができます。

最も悩むところはおそらく「自分にあった通信データ量」だと思いますが、〇Gならメール何通分、LINE電話何時間分、といった情報はインターネットで簡単に入手できるので、データ容量選択の目安にしてみてください。以外と少なくて済むんだな…ということを実感できます。

「頭金(という名の販売店手数料)」 がない

ショップや家電量販店でiPhone8に機種変更すると、ほぼ例外なく「頭金」と呼ばれるものを支払うことになります。この「頭金」、一般的なローンのそれとは異なり、商品価格に含まれません!実質は「ショップへの手数料」ともいえるものです。つまり、店舗でiPhone8に機種変更すると、本体価格と関係ないところでの出費を強いられることになります。さらに、頭金の額は店舗次第で、ウン千円から万単位まで様々です。

Android端末では店頭表示や見積に頭金を表示するのが一般的なのですが、理由はわかりませんがiPhoneの場合は表示しないのが普通で、いざ契約の段階になって「話が違う…」ということも。気づけばまだいい方で、大抵の場合は知らずにはらってしまうことでしょう。気がついたところで、やめますとも言いづらいですね。

オンラインショップなら「頭金」は不要です。変な交渉や気遣いをすることなく購入できます。

不要なオプションを付けなくて済む

スマホに限らず、店員さんは上手にいろいろ勧めてきます。いわゆる「抱き合わせ」、割引の代わりに不要なオプションを半強制的に付けてきたり。

私の経験で言うと、iPhoneSEで契約していただくとタブレットをお付けします!というお誘いをauショップで受けたことがありました。iPhone7には付けられないですけどSEなら!ということで、かなり心揺れました…ここでSEを選んで、後から「やっぱり7にしとけばよかった…」なんて後悔すること、ありがちだと思います。

オンラインショップでは余分なオプションを勧めてこられることはありません。自分が必要なものだけを選ぶことができます。

「入荷待ち」がない

iPhone8のような人気機種は「品切れ」「入荷待ち」はかなりの割合で経験してしまうと思います。ショップの在庫は以外と少ないです。待つのがイヤだということで、お目当て以外のカラーやストレージ容量のiPhone8を買ってしまい、後で後悔…というパターンは少なくありません。

入荷したら連絡をもらうこともできますが、連絡をもらうにはそのショップで買うことが前提となることも多く、手付金を要求されることもあります。

一方、オンラインショップはキャリア直営なため在庫数が比較的安定しています。品切時でも次回入荷日がはっきりしていることが多いのでヤキモキせずにすみます。

時間がかからない

ショップや量販店は混む時間帯があります。週末や休日、平日の夕方はみんな来ますからすんなり終わることはまれで、時間を取られますiPhone8を入手するだけのために半日・一日潰れてしまうのも、もったいない話です。

オンラインショップは待ち時間ゼロといってよく、実際の手続き(操作)は待たされることなく済ませられます。待ち時間がない分、最適プランの検討などに時間を使えます。

24時間いつでもどこでも購入できる

ショップの営業時間内に仕事や学業で都合がつかず、なかなか行けないことも多いでしょう。オンラインショップは24時間いつでも購入手続きをとることができます。「iPhone8欲しい!」と思いたったら、すぐさま買ってしまうことも可能です。

au WALLETポイントが使える

長年auを愛用されている方なら、au WALLETポイントがかなり貯まっているかもしれません。auオンラインショップでは機種変更時、iPhone8の代金にau WALLETポイントを使うことができます。貯めているポイントによっては大幅割引が期待できます。

もし、ここを気にせずMNPしてしまったら、このポイントをみすみす捨ててしまうようなもの。今一度確認してみましょう!「そんなポイント見たことない…」という方は特にです。知らない間にものすごく貯まっているかもしれません!

【期間限定】iPhone8予約・購入でauWALLETポイント¥5,000分が当たる

au_5000points

現在、auではauWALLETポイント¥5,000分を抽選10万人へプレゼントするキャンペーンを実施中。オンラインショップ限定です。期間は次の通り。

  • 予約なら:2017年10月9日まで
  • 購入なら:2017年10月31日まで

iPhone8の場合で言うと10月9日までに予約するか、10月31日までに購入すれば応募できます。予約の有効期間は10月9日までですので、10月10日以降品切れしてしまうリスクを考えると、さっさと予約してしまった方がよいかもしれません。予約または購入申し込みをした時点での自動応募ですので、特に何かする必要はありません。

ただしこのポイント、当選しても受け取れるのは12月ですので、この度のiPhone8購入には使えません。

オンラインショップの注意点

いいことばかり書きましたが、少ないとはいえデメリットも存在します。

  • iPhone8実物に触れることなく購入することになる
  • 設定は全て自分でやらねばならない

の2点です。Android端末に比べるとリスクは少ないと言えますが、一度も触ったことのないiPhone8をいきなり購入ことにためらう方もいるでしょうね。Androidやガラケーからの乗り換え組の皆様は、iOSが肌に合わないかもしれないです。このあたりは人それぞれなので、できればショップのデモ機に触れておくのが無難かと思います。

また、オンラインショップから届いたiPhone8は完全「素」の状態で、各設定はauオンラインショップの説明ページ見ながら自分でやらねばなりません。

とはいえ、iPhoneは機種による操作方法の違いがほとんどない上に利用者も多いので、詳しい人はすぐ見つかると思います。教えてもらいましょう。

MNP引き止めポイント

「MNP引き止めポイント」なるものをご存知でしょうか?auのMNP問合せ窓口(157、または0077-7-5470)へ電話してMNPのために解約したい旨伝えると、機種変更用の割引ポイントを発行してくれるというものです。

得られるポイント

インターネット上ではかなり派手な、例えば30,000ポイントもらった!という話も見つかるのですが、ほとんどが1~2年前の記事です。現在(2017年)はというと、auの場合はだいだい10,000ポイント程度の様子。

とはいえ、auの場合はドコモなどと違い、クーポンではなくポイントでもらえることがあります。ポイントの場合はオンラインショップでも使えるのでお得感があります。

注意

コツは「他社の方が安くなりそうなので、MNPしようかどうか迷っている。何かいい方法はありませんか」という姿勢で行くことです。「ポイントちょうだい」みたいな態度で臨むと、MNP予約番号を淡々と発行されて終わり。ということもあるようです。

MNP予約番号は取消可能ですし、放置しても15日間経過すると無効になります。発行されてしまったからといってMNP必須とはならないので、機種変更が本命の方でも心配ありません。ポイントをもらえるまでやり直しすることはできます。電話が繋がりにくいことも多いですし、面倒ですけど…

いずれにしろ、ちょっとでも得できたらラッキー!くらいの心がけで臨むとよいと思います。

各種キャンペーンを活用しよう

auで実施中のキャンペーンを上手く利用しましょう。と言いたいところなのですが、他キャリアに比べると少ないです。「アップグレードプログラムEX」「auピタッとプラン」が他キャリアにはない目新しいものです。これらはキャンペーンというよりはプランに近い気もしますが、auではキャンペーンとして取り扱っています。

auのキャンペーンの効果は「ユーザー次第」という点が特徴的といってよいと思います。月額低減は日々の使い方次第です。

■iPhone交換プログラム

このキャンペーンでは、今現在iPhoneを使っている方のみ対象です。iPhone→iPhoneの機種変更をすると、下記2点の特典が受けられます。「下取プログラム」のiPhone専用派生型という感じです。AndroidからiPhone8へ機種変更する場合は、通常の下取りプログラムが適用となります。

  1. 「下取プログラム」が適用され、iPhone8の代金を最大¥40,500(iPhone7sの場合)割引
  2. au WALLETプリペイドカードへ、最大で¥5,000のキャッシュバック

ただし、「アップグレードプログラムEX」を使う場合、1.は適用となりません。また、このキャンペーンは買い取られるiPhoneの「出自」によって違いがあり、au以外のiPhone下取価格は、auのそれに比べるとかなり安くなる場合があります。

■アップグレードプログラムEX

このキャンペーンでは24回ではなく48回払いでiPhone8を購入します。24回支払続け、25ヶ月目に再びauと「アップデートプログラムEX」契約して機種変更(iPhone8の次のスマホですね)をすると、iPhone8の25か月目以降支払が免除されます。実質半額になるといってよいものです。ただし、

  1. 更新時、旧端末はauへ必ず返却する。ただし、下取プログラムは適用されない
  2. 特典を受け続けるためには、永遠にauと契約し続けなければならない

というところがネックです。1.については、端末代金半免=下取りプログラムでにおける旧端末の買取価格と考えれば、さほど気になりませんね。下取プログラムの場合は下取られる端末のグレードによって割引料が変わってきますが、アップデートプログラムEXは旧端末機種に依存しないので、場合によってはお得かもしれません。

ちょっと引っかかるのは2.です。ずっとauでいいという方は何も問題ないですが、auと縁を切りたい時は旧端末に対して48回みっちり支払うことになります。これは定価購入を意味します。

■auピタッとプラン

上でも少し説明したプランです。データ使用量に応じて月額が段階的に変化します。データ量を節約すれば月額に即効ですので、データ使用量管理がしっかりできる方にはお勧めです。

ただし、各データ量の限度を超えた時点で勝手に次の段階へ月額アップするので、ルーズな使い方をすると最高で¥8,480/月(カケホの場合)かかります。これにiPhone8本体の支払いも乗ってきますので、下手すると月額1万円コース突入です。気を付けましょう。

au Online ShopでiPhone8に機種変更する方法

簡単ではありますが説明します。普通の通販サイトとさほど変わりません。

事前準備

下記を確認します。機種変更の場合、au IDは持っているはずです。au Online Shopはカード払い以外できませんので注意しましょう。

  • au ID/パスワード
  • au電話番号
  • 暗証番号(au電話契約時に決めた4桁の数字)
  • クレジットカード番号
  • (現在の料金プラン)

5番目は現状の契約を確認したくなった時すぐに見れるよう、前もって用意しておけばいいかもというだけで、契約そのものに必要というわけではありません。

購入

  1. au Online ShopauIDでログインする
  2. 商品選択、商品受取方法、支払方法(一括or分割)等の項目を、ガイダンスに従って入力する
  3. 内容確認後、発注処理

au Online Shopは送料無料ですが、指定可能な受取場所は自宅のみです。他キャリアのオンラインショップは自宅以外も選べるのでここは少し不便です。到着後はSIMの入れ替えやデータ移行をして、iPhone8が使えるようになります。

まとめ

auでiPhone8に機種変更する際のお得な方法について紹介しました。まとめると

  1. 「MNPが絶対お得」という先入観を捨てる。auWALLETポイントなど、これまで蓄積してきたものを必ず確認し、どちらが得かよく検討する
  2. 「頭金」を回避するため、au Online Shopを活用する
  3. MNPをちらつかせてのMNP引き止めポイントの取得はガツガツしない。もらえればラッキーという姿勢で挑む
  4. 「ピタッとプラン」は月額低減に効果あるが、データ消費量の管理能力次第

というところでしょうか。一般的に「高い」と思われがちな機種変更。auの場合は蓄積したポイントだけでなく、「ピタッとプラン」をうまく使えばさらなる月額低減が期待できますので、安易にMNPせず、まずは機種変更の是非を検討しましょう。

また、大した検討をせずにショップへ行くと、店員さんの対応や周りの雰囲気で「適当に買ってしまう」こと、少なくないと思います。iPhone8は決して安くありません。ですので、購入は落ち着いて検討できるオンラインショップがお勧めです。

【補足】au料金シミュレータのワナ

auは他2キャリアと比べ料金体系が多様なこともあり、料金シミュレータの見方はちょっとしたコツがいります。ドコモやソフトバンクのそれと同じノリで見てしまうと、「え?ものすごく安いんだけど!!」と勘違いしかねないです。

ピタッとプランのワナ

auの料金シミュレータの「毎月のお支払額」は、「ピタッとプランでデータ使用量が1G/月以下の場合」がデフォルトとなっています。画像は、iPhone8、ピタッとプラン(カケホ)、機種変更の場合です。「auすげー!」って、そりゃあ舞い上がりましたよ!

result1

青枠の中身をよく見てみましょう。

ですがここで慌ててはいけません。「データをもっと使った場合」をクリックすると、1G以上使った際の月額が別窓で表示されます。どんなにWi-Fi上手でも、ひと月1G以下に抑えるのは至難の業です。

別窓をよく見てみましょう。まあこんなもんだよね…的な月額が並んでいます。

ビックニュースキャンペーンのワナ

auでは「ビックニュースキャンペーン」というものがあり、契約から1年間は毎月¥1,000引きしてもらえますが、2年目からなくなります。料金シミュレータの「毎月のお支払額」は1年目のものですので、2年目以降は¥1,000アップです。確かに、よく見ると「1年間」の記述が。

このキャンペーンは条件が緩く、加入はほぼ自動みたいなものとなっているため目立たないのです。

料金シミュレータの結果は、決してウソではありません…ですが、現実的に考えればこの安さが2年間ずっと続くなどあり得ない…ということです。

冷静な方はちゃんと見られるんでしょうけど、舞い上がってしまった者としてお伝えしておきます…

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る