ドコモのiPhone7へお得にMNP!乗り換えの7ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

gahag-0045070560

ファン待望のiPhone7/iPhone7Plusが発売されました。
ジェットブラック、ブラック(マット調)などの新色が追加され、男女問わず人気の高い4.7インチのディスプレイ。カメラは12メガピクセル。インカメラは7メガピクセルとなり、インカメラに関してはiPhone6sの5メガピクセルから性能が更にアップしました。
最も注目度の高い目玉機能は日本市場向けの新機能、防水&おサイフケータイ!iPhone7/iPhone7Plusは予約開始の時点で数ヶ月待ちのカラーも出るなど、これまでのiPhoneシリーズの中でも人気の高い端末となっています。

iPhone7/iPhone7Plusは性能が向上しただけではなく、価格の面でもiPhone6sより多少お手頃な価格となっています。これから快適なスマホライフを送るために、サクッとお得に新しいiPhone7へ乗り換える方法はとっても簡単。ズバリ、「MNP」です。

「MNP」とは現在の携帯電話番号を変えることなく、番号そのままで他のキャリアに乗り換えること。この「MNP」を利用することで、普通に機種変更するよりも何倍もの「お得」をゲットできるのです。
今回は、ドコモにしぼって、「MNPで」iPhone7に賢くお得に乗り換える方法をご紹介していきます!
今までauやソフトバンクを利用していて、iPhone7/iPhone7 PlusをMNPでドコモに乗り換える際に、どうすればキャッシュバックやキャンペーンを利用してお得にMNPできるかを解説していきます。

 

1.MNPがお得なのはどうして?

1-1.キャリア同士の熾烈な顧客の奪い合い

日本国内における携帯電話の加入契約数は、1人1台を超えており、既に頭打ちだと言われています。

そのため、携帯電話を所持している人をいかにして取り合うかという部分が注目されるために、必然的に他社から乗り換えてきてくれる人に対して力を入れることになっているのです。

auからドコモに乗り換えた場合、「auマイナス1、ドコモプラス1」となるので、結果としてauとドコモの差は「2」に広がることになります。この際に家族分や新規の契約が組み合わさればその差は更に広がり、さらにそれらを販売した販売店の評価がアップすることにもなるため、MNPでの契約が優遇されるという仕組みです。

 

1-2.販売店の販売台数は命より大事

各キャリアから販売を委託された販売店では、「◯台売るといくら」というインセンティブの仕組みがあります。
その利益となる部分をキャッシュバックとして還元しているので、赤字にならないギリギリのラインまで還元していることもあり、人件費や各種コストを削れば削るほど「キャッシュバック額をアップ=人を呼ぶ」という結果に繋がり、最終的に売上や販売台数を確保できるような仕組みになっています。
また、家電量販店などでは販売台数に応じて入荷数が割り振られるため、人気のiPhone7/iPhone7Plusなども入荷時点で大きな差がついていることがあります。常に人で賑わっているお店は更に人を呼ぶことが出来る好循環が生まれているのです。

 

1-3.キャッシュバック金額が違う理由

上記の通り、人件費・コストは店舗や販売店によっても変わってくるため、その分のキャッシュバック額はある程度お店によって変わってきます。同じ系列店でもお店によって違うこともあるほど熾烈な競争が起きているため、可能であれば様々なお店を実際に回ってみるのが良いでしょう。

 

2. キャッシュバック以外にもお得がある!

5-460jff_400x400

2-1.U25応援割

ご利用になる方が25歳以下であればカケホーダイプランの基本使用料から500円/月割引になります。
また、月々の利用可能データ量に、ボーナスパケット1GBが自動的に増量されます。

2-2.下取りプログラム

今お持ちのiPhoneを店頭にて下取り申込みをし、お預かりさせていただくと、携帯電話機などのご購入代金から最大30,000円(税込)を割引!(郵送下取りの場合28,800ポイント還元)

適用条件
●携帯電話機などのご購入時に、iPhoneを下取りに出していただくこと
●dポイントクラブ/ドコモビジネスプレミアクラブに加入されていること
●以下の下取り条件を満たす対象機種を下取りさせていただくこと

2-3.ドコモ光

光とスマホの「セット割」+「ずっとドコモ割」で毎年ずっとおトクに!!

※光回線の利用状況で条件も複雑に変わるため、詳細はドコモHPや店頭で確認してください

2-4.支払いシミュレーション

iPhone7 32GBを24回の分割払いのMNPで購入した場合の支払いシミュレーションをしてみましょう。

■通話がメインの場合

通信よりも通話が多いという方の場合、2年契約でかけ放題の「カケホーダイ」に「データSパック」(2GB)を契約。
(本体代金 3,429円、通話2,700円、データ 3,500円)
そして、iPhone6Sを下取り、月々サポートをマイナスすると・・・
(下取りプログラム -27,000円(機種代金から一括値引き)、月々サポート -2,781円)
2年契約で、6,543円/月、ドコモ光を契約で6,003円/月に!

■通信がメインの場合

通話よりも通信が多いという方は、2年契約の「カケホーダイライト」に「データMパック」(5GB)を契約。
(本体代金 3,429円、通話 1,700円、データ 5,000円)
同じく、下取りプログラムとチェンジ割、月々サポートをマイナスすると・・・
(下取りプログラム -27,000円(機種代金から一括値引き)、月々サポート -2,781円)
2年契約で、7,083円/月、ドコモ光セットで6,219円/月に!

 

3.購入方法でキャッシュバック金額が全然違う!

3-1.web販売店




「iPhone7 MNP」などのキーワードで検索をすると出てくる『おとくケータイ.net
』というweb販売店です。
人件費、店舗代金などのコストを省き、webから集客することで大幅な経費削減を実現しています。現時点ではソフトバンクへのMNPしか取り扱っていませんが、ソフトバンクへのMNPはキャッシュバック最高額を保証しているため、ソフトバンクのMNPなら最もお薦めです。

3-2.公式オンラインショップ


ドコモオンラインショップ』、『au Online Shop』、『ソフトバンクオンラインショップ』などのキャリア直営の公式サイトです。
キャリア直営なのでiPhone7/iPhone7 Plusなどの新商品も在庫が入荷しやすいというメリットがあります。ただし、キャリア直営のためキャッシュバックが無い場合もあるので注意が必要です。

3-3.併売店

『カメラのキタムラ』、『テルル』、『モバワン』など、街中で見かける小さなケータイショップです。
一つのキャリアだけではなくて複数のキャリアを取り扱っており、とにかく安い価格が売りです。キャッシュバック額が高額になっていることもありますが、有料コンテンツや加入コンテンツの契約が条件になっていて、その量が多いなど、適用条件が厳しい場合もあります。

3-4.量販店

『ビックカメラ』、『ヨドバシカメラ』、『ヤマダ電機』などの、大型家電量販店です。
比較的高めの金額でキャッシュバックを行っていることが多く、週末や大型連休の際には特売を行うこともあります。基本的には大手の販売代理店が入っているので、都内の大型店舗だと新製品のiPhone7/iPhone7Plusは初回入荷でキャリアショップ以上の品揃えを実現できることもあります。
店員との交渉をする場合もあるものの、店舗によって対応できるかどうかはあらかじめ決まっているため、無理な要望は基本的には通りません。

3-5.専売ショップ

『ドコモショップ』、『auショップ』、『ソフトバンクショップ』などのキャリアの店舗です。
MNPを検討する際、キャリアショップに足を運ぶ人も多いのではないでしょうか?キャリアの店舗なので安心感が強く、とくにiPhone7/iPhone7 Plusといった人気商品の発売時期はいつも混雑しています。
キャッシュバックはない場合が多いので、特別な期待はしないほうがいいでしょう。

 

4.実際のキャッシュバック金額を調査した結果

4-1.公式オンラインショップ

■iPhone7を『ドコモオンラインショップ』で契約した場合

0円〜10,000円程度。キャッシュバックとは別に、公式の「のりかえ下取りプログラム」や「家族まるごとスマホキャンペーン」を使った割引です。
「webで予約して自宅で受け取ることができる」というのがオンラインショップの強みなので、利用する場合には『ショップ受取』ではなく『自宅受取』にすることがお薦めです。
店舗に行かず24時間契約が可能で、オンライン限定のキャンペーンなどもあるため、利用者が急増しているようです。

4-2.併売店

5,000円〜20,000円程度。有料コンテンツなどのオプション加入が適用条件になっている場合が多く、全くキャッシュバックがない店舗などもあります。
店舗のTwitterアカウントを使ったキャンペーンを行っていることも多く、iPhone7/iPhone7Plusキャンペーンの時期なら大幅なキャッシュバックもありますが、流動的です。

4-3.量販店

0円〜20,000円程度。家電量販店の場合、それぞれポイントキャッシュバックを行っていることが多く、現金ではなく、ポイントでのキャッシュバックになる場合があります。
ただし、iPhone7などのApple製品に関しては独自の取り決めが厳しいため、ポイント付与も含めてキャッシュバックが無い場合があります。

4-4.専売ショップ

10,000円~20,000円程度。店舗によって金額や条件が異なることが多いので、近くに何店舗かある場合はそれぞれのお店を回って確認してみたほうが良いでしょう。

 

5.MNPで乗り換えるべき4つの理由

どうしてドコモのiPhone7/iPhone7PlusへのMNPが特にお薦めなのか、4つの大きな理由をまとめていきます。

5-1.ドコモのiPhone7にMNPをすると本体代金が安くなる?

iPhone7/iPhone7 Plusへ乗り換える場合、圧倒的に本体の代金が安くなることが多いです。
店頭値引きのみではなく、毎月の値引き額も通常の機種変更より上がっているため、なんと本体代金がほぼかからないといったこともあります。
乗り換え割りなどを含めるとさらに安くなります。

5-2.ドコモのiPhone7にMNPをすると毎月の料金が安くなる?

乗り換えの場合は毎月の値引き額が大幅に上がるため、通常の機種変更と比べると毎月の料金にかなりの差がつきます。
例えばMNPの場合と機種変更の場合を下記の通り比較してみます。

iPhone7 32GB+カケホーダイライト+5GBの通信プラン
【機種変更】
8,667円/月(本体代金含む)

【他社から乗り換え】
7,083円/月(下取りあり、本体代金含む)

上記の通り、最新機種のiPhone7でも2年間で27,000円以上もお得になります!

5-3.下取りキャンペーンが利用できる

iPhone7/iPhone7 PlusにMNPをする場合、今まで使っていた機種の下取りキャンペーンを行っていることがあります。今までもiPhoneを使っていたのであれば、尚更お薦めです。
使わないと絶対に損なので、バックアップを済ませてから乗り換え手続きをしましょう!

5-4.キャッシュバックがもらえる

キャッシュバック金額や適用の条件は、購入方法や購入のタイミングなどで都度変動します。一時期は最大5万円も変わってくるということがありましたが、最近では行政の指導があり下火になりつつあります。しかし、最新モデルのiPhone7/iPhone7Plusでも、新機種だからこその注目度で各社力を入れてキャッシュバックキャンペーンを展開しています。現金、ポイント、ギフトカードetc…、そのキャッシュバック内容も様々です。

 

6.MNPで最もお得なのはどこ?

AQUOSスマホ

6-1.ドコモオンラインショップ

キャッシュバック金額がやや少なめに感じることがあるものの、何よりも在庫入荷の安定性がダントツです。

iPhone7/iPhone7Plusなどの最新機種の場合、在庫の入荷頻度が他よりも安定していると言われており、それが理由でオンラインショップを利用するユーザーが増加傾向にあると言われています。
しかし、本体の確保ができたとしても、契約手続きに時間がかかるようでは楽しい気分も台無しになってしまいます。その点を解決できるのがオンラインショップでの購入手続きなのです。

店舗であれば審査・登録に時間がかかる場合がほとんどで、オンラインのメリットはまさにこのスピード間です。並ぶことも待つこともなく、手続きをスムーズに完了させることができるということが最大のメリットです。

6-2.併売店

家電量販店と同じく、ドコモ、au、ソフトバンク全てのキャリアを扱っている場合が多く、比較検討が容易です。

そこそこ高額なキャッシュバックを行っていることもあり、Twitterで告知している合言葉などを伝えることで更に安くなるというキャンペーンを行っていることもあります。ただし、キャッシュバックの条件として有料コンテンツなどへの加入を要求されることがあります。
通称「レ点ビジネス」と呼ばれるもので、決められた期限以内に解約をしないと、翌月から月額料金が発生してしまうものなどがあります。

6-3.量販店

家電量販店では各キャリアの様々な機種を比較し、最も適したMNP条件を検討することが可能です。
たくさんのデモ機があるため、自分にあった最適の一台を見つけることができますし、iPhone7/iPhone7Plusのカラー、サイズ感を実際に触って確認することが可能です。

家電量販の場合は現金ではなく、ポイントでのMNPキャッシュバックになる場合があります。
ポイントはお得に感じますが、現金でのキャッシュバックと比べると利用可能な範囲が狭まるため、一概にお得だと言い切ることができません。
また、とても混み合っていることがあるため、特にiPhone7などの人気機種の発売タイミングでは契約完了までに数時間かかることもあります。

6-4.専売ショップ

街中でよくみかける、ドコモの看板を掲げたショップです。
店舗数が多く、ショッピングセンター内にもあるため利便性が高いことが特徴です。時間の余裕がある方、Webでの購入が不安な方も安心して手続きができます。
また、ドコモの専門店であるため、サービスやサポートの質が一定しており安定感・安心があります。
キャッシュバックはあったりなかったり、あっても金額が少なかったりすることがあります。特に新商品のiPhone7ではあまりキャッシュバックは見込めないかもしれません。

 

 7.MNPの手順と注意点

手順1.購入する機種を決める

■iPhone7
ジェットブラック/ブラック/シルバー/ゴールド/ローズゴールドの5色展開で、iPhone7からジェットブラックが新色として登場。
形と大きさはiPhone6sと同じで見た目もそっくりなものの、イヤホン端子が廃止になり充電をするLightning端子に接続するように変更されています。充電とイヤホンが同時に使えなくなってしまいましたが、両方に対応したプラグやBluetoothのイヤホンなどで対応可能です。
容量は32GB/128GB/256GBの3種類に変更されました。
イヤホン端子部分さえ気にならなければ、iPhone6s用のケースもそのまま使える場合もあるのはポイントが高いですね。

■iPhone7 Plus
色はジェットブラック/ブラック/シルバー/ゴールド/ローズゴールドの5色展開、容量は32GB/128GB/256GBの3種類です。
基本的な性能はiPhone7と同じです。今回、液晶側の見た目はiPhone6s Plusと変わりがないように見えますが、背面を見るとカメラに大きな違いがあります。
広角カメラと望遠カメラという『デュアルカメラ』が搭載されていることにより、カメラ部分が大きくなりました。そのため、iPhone6s Plus用のケースをそのまま流用することが出来ないので、その点を気をつけましょう。

手順2.iPhone7、iPhone7 Plusの購入する方法を決める

■MNPキャッシュバックの額で選ぶなら
web販売店、併売店、量販店の順でオススメです。

■手続きの時間を削りたいなら
ドコモオンラインショップがオススメです。

■最初の設定やサポートが欲しいなら
量販店、キャリアのショップがオススメです。

手順3.MNP予約番号を取得する

乗り換えをするためには、「MNP予約番号」が必要です。これは契約しているキャリアから発行してもらうことができ、15日間の有効期間があります。万が一MNPをやめる、という場合でもそのまま15日間たつまで放置していれば大丈夫です。
各キャリアからの予約番号の取得方法は、下記の電話番号か店舗、オンラインから取得が可能です。
ショップでMNP予約番号を取得する場合、店員さんは慣れているので気にしていませんが、なんとなく気まずく感じる可能性もありますよね。取得には多少時間がかかりますので、もし可能な場合はオンラインや電話での手続きがお勧めです。

手順3-1.auの場合

スマホやiPhoneでは電話か店頭での手続きしか出来ないため、電話が最も手軽でしょう。契約の内容によっては店頭での手続きが必要になることもあります。

■ショップでの手続き
身分証の提示を求められる可能性があるため、契約者本人の顔写真つきのもの(免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなど)を持参してください。
※契約者が未成年の場合は親権者同意書が必要になります。不明な点は事前に電話確認が必要です。

■電話での手続き
MNPをしたい電話番号と、4桁の暗証番号が必要です。
・auの携帯電話or一般電話から:0077-75470
受付時間:9:00〜20:00

■オンラインでの手続き
iPhone、スマートフォンの人はオンラインでは手続きが出来ません。
・auケータイ(EZweb)から
「EZ」ボタンから「 トップメニューまたはauポータル トップ」にアクセス、「auお客さまサポート」→「申し込む / 変更する」→「au 携帯電話番号ポータビリティー (MNP)」へ。

手順3-2.ソフトバンクの場合

スマホやiPhoneでは電話か店頭での手続きしか出来ないため、電話が最も手軽でしょう。契約の内容によっては店頭での手続きが必要になります。

■ショップでの手続き
MNPをしたい電話番号が必要です。身分証の提示を求められる可能性があるため、契約者本人の顔写真つきのもの(免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなど)を持参してください。
※契約者が未成年の場合は親権者同意書が必要になります。不明な点は事前に電話確認が必要です。

■電話での手続き
MNPをしたい電話番号と、4桁の暗証番号が必要です。
・ソフトバンクの携帯電話から: *5533
・一般電話から: 0800-100-5533
受付時間:AM 9:00~PM 9:30

■オンラインでの手続き
iPhone、スマートフォンの人は手続きが出来ません。
・SoftBankケータイから
「設定・申込」から「設定・変更」、「契約者情報の変更」→「番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」→「番号ポータビリテリティ(MNP)予約(予約番号の発行)」から手続きが進められます。

手順3-3.Y!mobileの場合

旧イー・モバイルからの契約者でも、「Y!mobileになってから機種変更をした方」はY!mobileからの手続きを参考にしてください。機種変更をされていない方は、旧イー・モバイルからの手続き方法が必要です。

■ショップでの手続き
MNPをしたい電話番号が必要です。身分証の提示を求められる可能性があるため、契約者本人の顔写真つきのもの(免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなど)を持参してください。
※契約者が未成年の場合は親権者同意書が必要になります。不明な点は事前に電話確認が必要です。

■電話での手続き
・Y!mobileの携帯電話から: 116
・一般電話から:0120-921-156
受付時間:自動音声応答にて24時間受付

■Y!mobile(PHS・スマートフォン)からの手続き
・PHSのMy Y!mobileから
「TOPメニュー」にアクセスし、「料金&各種申込」→「MNP予約」→「MNP予約申込」から

・スマホ/PCサイトから
My Y!mobileにアクセスしログイン→「契約内容の確認・変更」→「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約関連手続き」へ

■Y!mobile(旧イー・モバイル)からの手続き
・PHSのMy Y!mobileから
「TOPメニュー」にアクセスし、「料金&各種申込」→「MNP予約」→「MNP予約申込」から

 ・スマホから
My Y!mobileにアクセスしログイン→「オンラインサポート」→「MNP予約」へ

 ・PCから
My Y!mobileにアクセスしログイン→「MNP予約」→「MNP予約を申し込む」へ

注意点

注意点1.契約者名義は本人?

MNPに伴う手続きは、契約者本人でないと進められません。特に学生の方や新社会人の方は「親の名義」で使用していることが多いので注意が必要です。
機種変更ならなんとかなることもありますが、乗り換えの場合にはどうにもなりませんので、自分以外の家族の名義だった場合は素直に一緒に手続きに行って貰うか事前に名義変更を済ませておく必要があります。

注意点2.必要書類は?

キャリアによって違いますが、乗り換え時(=乗り換え先での新規契約)は特に書類は厳正に確認されます。
基本的には顔写真のついた本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカード、在留カードなど)が必要ですが、顔写真付きのものが無い場合は、現住所の保険証、住民票やクレジットカード、水道やガスなどの公共料金の領収証(支払い済みで住所や名前が契約者本人と一致するもの)などが必要になります。
顔写真付きの本人確認書類を持っていない場合は、事前に必要書類の確認をしておきましょう。

注意点3.手数料や解約金がかかる?

MNPをするためには、現在契約している会社に「MNP手数料(2,000~3,000円)」「契約解除料(9,500円)」の支払いが必要となり、乗り換え先に対しては「契約事務手数料(3,000円)」(すべて税抜き)の料金支払いが発生します。
全てを考えるとかなりの額になりますが、唯一「契約解除料」だけは乗り換えのタイミング次第で0円にすることが可能です!「契約更新月」という、2年契約更新のタイミングでの乗り換えであれば0円にすることができるので、自分の契約内容を見て考えましょう。
例えば乗り換え前と後の維持費の差額が2,000円あるとして、更新月まで1年以上あればすぐに乗り換えてもおトクです。逆に更新月まで残り2~3ヶ月であれば待ってもいいと思いますが、キャッシュバックの金額などは変わる可能性がありますので、どちらが良いかじっくり考えて決めましょう。

注意点4.家族割がある人はどうなる?

「ファミリー割引」「家族割」といった、家族間での通話やメールの割引きプランがありますが、契約している携帯会社が別になってしまうとそのグループからは外れてしまいますので、割引の恩恵が受けられなくなります。
最近はカケ・ホーダイプランを契約している人も多いと思いますので、以前ほど気にすることはないかもしれませんが、ご家族の中で二つ折りのガラケーや子供向けのケータイを使っている人がいる場合は、通話料金などがやや発生するようになる可能性があります。

注意点5.メールアドレスはそのまま?

他社への乗り換えをすると「@softbank.ne.jp」「@ezweb.ne.jp」といった今まで使っていたキャリアメールのアドレスは使えなくなり、メールアドレスを新しく取得することになります。つまり、電話番号は変更しなくて済むものの、メールアドレス変更のお知らせはしなければならない、ということです。

この問題点を解決できるが「フリーメール」と呼ばれる、Gmailやヤフー、Hotmailといったメールアドレスの利用です。
初回はメール変更のお知らせが必要になるかもしれませんが、フリーメールは携帯会社の契約とは紐付いていない独立したメールアドレスなので、携帯会社を変えてもずっと同じメアドを使い続けることができます。
また、最近ではLINEやSkypeなどのやり取りも多くなっており、キャリアメール自体を使う機会が減っているとも言われているので、メインで使用するものはキャリアメールからフリーメールに変えてしまうのも良い機会かもしれません。

 

8.まとめ

ドコモのiPhone7、iPhone7 Plusの乗り換え方法について解説してきました。
ドコモオンラインショップやweb販売店といったwebでの購入がお得になるのは、時代の流れだと言えるかもしれません。
まだ予約待ち、という方もいらっしゃるかと思いますが、特にこれからMNPをする予定の人は今からでも遅くないので、お得にiPhone7、iPhone7 Plusを購入できるかどうかをじっくり検討してみてはいかがでしょうか?

iPhone7関連記事

知らないと損する!?ソフトバンクのiPhone7へのMNPで知っておきたいこと

知らないと損する!auのiPhone7へのMNPで絶対に知っておきたいポイント

3万円お得にiPhone7に機種変更!絶対知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクで3万円お得にiPhone7にお得に機種変更!押さえておきたい3つの教え

3万円得する!auのiPhone7にお得に機種変更する方法まとめ

ドコモでiPhone7にお得に機種変更するには?ポイントは3つ!

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone7、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone7含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る