ついに出た!デュアルSIMでau回線対応スマートフォンg07+の評判と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

61b7268528a3fbb7af0312f6b0184e24_s

NTTレゾナントのgooブランド(メーカーはcovia)g07+は、2017年春モデルとして、発売され、大きな話題を呼びました。

20,000円(税抜き)を切る価格でありながら、指紋承認や5.5インチの大画面。さらにau独自の回線CDMA2000に対応したデュアルSIM、デュアルスタンバイ(DSDS)ができるため、auガラケーユーザーからは、ガラケーとスマホ2台持ちの救世主とまで言われています。

そこで今回は、ついに出た!デュアルSIMでau対応スマートフォンg07+の評判と注意点を紹介します。

3キャリアに対応したG07+

これまで、いくつかのメーカーがデュアルSIM、デュアルスタンバイ(DSDS)に対応したスマホを発売してきましたが、auのCDMA2000に対応したものはなく、g07+がはじめてということで、auガラケーユーザーの間で評判の的となっています。

g07+の特徴とスペック

G07+の大きな特徴として、デュアルSIM、デュアルスタンバイ(DSDS/同時待ち受け)ができることにあります。1台のスマホに異なるキャリアやMVNOのSIMカードを2枚差し込むことで、同時に待ち受けができまます。しかしながら、利用できる回線が限られているので、注意が必要です。

CPU MT6750T
外側カメラ 約1,300万画素
内側カメラ 約800万画素
ディスプレイ 約5.5インチ
フルHD(1,920×1,080)
RAM 3GB
ROM 32GB
SDカード(最大) 128GB
SIMスロット microSIM・nanoSIM
通信方式 FDD LTE:B1/3/8/19
3G: B1/6/8
GSM:850/900/1800/1900
CDMA2000:BC0/BC6
電池容量 3,000mAh
高さ×幅×厚さ 152×75.6×7.9(mm)
重量 約150g

auでのSIM利用は3G(CDMA2000)通話のみ対応、4Gは非対応

3キャリアの回線が利用できると聞くと、なにかと便利そうなg07+ですが、auのSIMで利用できるのは3G通話契約で通話とSMSのみに限られているので、注意が必要です。

また、ソフトバンクでも3Gの通話とSMSは利用できますが、事前に確認しておくことをオススメします。

  • Docomo
    Xi、3G(FOMA契約)通話、SMSの利用が可能(Xiについては、Data通信も可能。)
  • Docomo系MVNO
    Data通信、Data通信+SMS、Data通信+通話(含むSMS)、のご契約SIMが利用可能。※3G Data通信のみのご契約の場合は、ご契約プロバイダー様に「LTE対応機でData通信可能か」お問い合わせください。
  • Softbank
    3G通話契約のSIMで通話とSMSが利用可能。スマホ(iPhoneを含む)契約の場合、SIMフリー端末でご利用できるか、一度、Softbank様にお問い合わせください。
  • Y!モバイル
    現在のスマホプランでのご利用が可能。旧来のご契約内容から更新されていない場合、お客様の端末とご利用SIMとの組み合わせが決まっている場合がございます。(端末ロック)この場合、SIMを本機に装着してもご利用頂けません。一度、ワイモバイル様お問い合わせください。
  • au
    3G通話契約のSIMで通話とSMSが利用可能。EV-DO通信のご利用はお薦めしません。(CDMA20001x RTT / CDMA2000 1x EV-DO に対応)

出典:http://www.fleaz-mobile.com/support_g07plus.html

g07+の評判は?g07+に向いているユーザーは?

3キャリアに対応したとは言っても100%完璧に全てのSIMが使えるいうわけではないので、購入前には評判も含めて、しっかり調べておきましょう。

g07+の評判には「購入したけど、持っているSIMカードが認識されない」、「通話しかできない」あるいは「データ通信しか使えない」という声もありますが、節約や事情によりauガラケーを手放すことができず、しかたなくauガラケーと格安SIMスマホの2台持ちをされている方に向いていると言えるでしょう。

DSDSだけじゃないg07+の魅力と評判

g07+というと、多くの人が「auガラケー対応DSDSスマホ」とイメージするほど、話題と評判の的となっているようですが、美しく汚れにくいアルミボディーと見やすい5.5インチ大画面の液晶。素早く反応して起動する指紋承認など、魅力溢れる機能が満載(まんさい)のスマホです。

また、バッテリー容量が大きいだけでなく持ちがいいので、ゲームや動画などを頻繁にしなければ2日は持つとの評判もあります。20,000円(税抜き)を下回る価格で購入できるので、サブ機としての役割も果たしてくれるでしょう。

まとめ

さて、ついに出た!デュアルSIMでau対応スマートフォンg07+の評判と注意点はいかがでしたでしょう。デュアルSIM対応スマホの開発はまだ始まったばかりで、100%全てに対応できるものはまだありません。

失敗しないためには、事前に調べておくことが大切です。キャリアショップでも確認やSIMサイズの変更などには対応してくれるということですので、ぜひ利用しましょう!

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある