GRANBEATの評判と使いやすさをレビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

index_img01

ONKYOから発売されているGRANBEATは、発表当初から注目度が高く、評判の機種です。そんな大評判のDAP兼スマートフォン、GRANBEAT DP-CMX1をご紹介します。

2週間ほど使い倒してみた結果、評判が高い理由がわかりました。呼称は、DP-CMX1という型番名で定着すると思っていましたが、GRANBEATの方が定着しました。

ですので、この記事では「GRANBEAT」でご紹介していきます。では、評判等を細かく見ていきましょう。

ONKYO GRANBEATレビュー

まず、GRANBEATの箱を開けると、端末とMicro USBケーブル、AC電源変換アダプターが入っています。端末の右側には、ホールドスイッチと電源、再生ボタン、曲送りボタンが、左側にはボリューム、背面にはカメラが付いています。

上部には3.5mmアンバランスと、2.5mmバランスジャックが、下部にはmicro USBとスピーカーが付いています。端末の左下にSIMとSDスロットが付いており、SIMはデュアル対応です。

サイズ以外の点で、前機種のDP-X1と異なる点は、SIMスロット、ホールドボタン、スピーカー、カメラ、クイックチャージです。フル充電まで90分の早さなので、全機種よりも進化したと言えるでしょう。

あと、バランス接続が自動認識になったため、2.5mmジャックにイヤホンを刺しただけで自動的に接続されます。逆に言うと、これらの点以外はDP-X1とあまり変わっていません。

ミュージックアプリのバージョンが1.5になっており、歌詞表示機能が加わりましたが、操作面は変わらないので違和感なく使用できると評判です。

スマホとしての使い心地は?

GRANBEATにSIMを入れれば、スマートフォンとしても利用できます。SIMフリーを使用している場合、SIMさえ入れれば機種変更も簡単だと評判です。

アンドロイドからアンドロイドへの移行の場合は、移行ツールを使用すれば便利ですね。しかし、細かいアプリの設定等は移行ができないようでした。

iPhoneの移行性能が高い分、面倒に感じてしまうかもしれませんね。Gmailは移行ツールを使用すれば、移行が可能でした。移行が全て完了し、設定も終えGRANBEATを使い始めてみましたが、ゴツいスマートフォンという印象です。

通話品質もiPhone6と遜色はありませんし、これまでに使用していた安いアンドロイドスマートフォンと比べても、動作はGRANBEATの方が快適です。ハードなゲームをする方には物足りなく感じるかもしれませんが、SNSやYouTube、ウェブブラウジング程度の利用であれば、GRANBEATで事足りるでしょう。

バッテリーの持ちは、良くも悪くもない印象です。1日使うとバッテリーが半分くらいまで減ってしまうので、ゲームなどでスマートフォンを多く使う方は、1日持たずに充電が必要かもしれません。

性能面でDP-X1との違いを大きく感じた点は、Apple Musicの処理です。GRANBEATは、ダウンロードもスムーズでもたつくことがないので、快適に利用できると評判です。表示スピードも速いので、ストレスなく使用できそうですね。

外出先などでも音楽ストリーミングが使用できるのは、やはり便利だと感じました。聴きたい時にいつでも音楽を聴けるだけでなく、ラジオや動画、新しい音源を高音質で聴けるのは音楽好きにはありがたいです。GRANBEATは、現代のニーズに合ったDAPではないでしょうか。

GRANBEATとDP-X1を聴き比べてみました

DAPに音の個性を求めずに、アンプやイヤホン、ケーブルやイヤピで音の味付けをしたいという方には、DP-X1の素直な音質は高い評判を得ていました。深みがありながらも、癖のない音質だったDP-X1と比べると、GRANBEATは大きく変わらないまでも、やはり違いを感じます。

具体的に説明すると、GRANBEATの方が音に抑揚があり、立体感がある音像です。音色も明るい印象で、派手に鳴るという騒がしい印象はなく、まとまりのある落ち着いたサウンドという印象です。

味気ないと言われることもあったDP-X1と比べると、GRANBEATは音に楽しさや心地よさがあると評判です。全体的には、SONYのWM1Zのように重く響く音とは反対に、クリアですっきりとした音をしています。

品がよく控えめな余韻は非常に美しく、ONKYOのDAPの評判の高さを感じました。ピアノの音色に透明感を求める方には、おすすめの端末です。音の色付けをやり過ぎることなく、かと言ってやらなさ過ぎることもなく、バランスのいいモデルです。さすが、評判の高い端末というだけありますね。

GRANBEATはDAP?スマートフォン?

GRANBEATを利用してみて思った事は、「GRANBEATはどういう人におすすめするべき端末なのだろう」という素朴な疑問でした。理由は、GRANBEATが高音質スマホなのか、SIMスロット付きのDAPなのか、どちらとも言えない端末だからです。

スマートフォンとDAPを1台にまとめたい方には、大評判の端末ですが、その他にはどんな人におすすめしたらいいのでしょうか。

GRANBEATの魅力は、「いつでも、どこでも、何でも高音質で楽しめること」だと感じました。ですので、音楽に特化したDAPと言うより、高音質のスマートフォンとして利用したほうがいいのではないでしょうか。ライバルであろう薄型の高音質スマートフォンよりも、音質は圧倒的にGRANBEATの圧勝です。

やはり、スマートフォンを高音質で楽しみたい方向けの端末と言えるでしょう。

しかしながらスマートフォンとして利用する場合、いくつか改善して欲しい点があります。ホールドをオンにすると、操作ができなくなってしまうこと、ホーム画面でボリュームを回すとサイレンとモードが解除されること、動画を見る際スピーカーの音が遅れることの3点です。

動画に関しては改善されると思いますが、ホールドは再生、曲送りボタンのみに適応されるように改善してもらいたいですね。ボリュームも着信音の音量は変更できない設定を選択できるようにすると、もっとよくなるでしょう。

GRANBEAT:まとめ

onkyohf

GRANBEATを使って不満点もありましたが、GRANBEATは評判の高いスマートフォンとDAPが融合した非常に魅力的な端末です。

音楽ストリーミングを愛してやまないため、細かい点が気になってしまいましたが、現状は唯一無二、他に替えのきかない製品であることは間違いありません。GRANBEATの音、バランス接続の音質に関しては、高音質のスマートフォンと比較にならない仕上がりになっています。

OTG出力を使用して、DSDネイティブ再生や、リアルタイムDSD変換、アップサンプリングもできるため、アンプと繋ぐとより楽しめると評判です。スマートフォンとして利用するには、少し重たいためSNS等を見ていると腕が疲れてしまいますが、これを機に身体を鍛えようと思ったほど、魅力的な1台です。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る