iPhoneデータ移行の成否はバックアップ次第!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

9v9a1690_tp_v

スマホを新しくするのは心機一転、気持ちがいいものです。ですがデータ移行のことを考えるとちょっと面倒に感じます。特に、失敗したらどうしよう…と考えるとなおさら億劫になりますね。
ここでは、iPhoneでのデータ移行について、注意点を説明したいと思います。バックアップを確実に取っておくことが最重要事項で、これに尽きると言っても過言ではありません。
なお、ここでは細かい手順についての説明はしませんので、あしからずご了承ください。

データ移行時に必要なこと

いずれも、旧端末で前もってやっておかねばならないものです。

旧端末のバックアップ

現在使っているiPhoneのバックアップを取っておきます。方法としては

  1. iTunesで環境丸ごとバックアップ
  2. iCloudへ、重要な環境のみバックアップ
  3. 写真や住所録などを個別にバックアップ

の3つが考えられます。1.および2.は新端末から「データの復元」を実行するだけでデータ移行ができ、便利です。
3.は、いざという時のために別途備えておくもので、iCloudを使う方法が一般的です。
できれば全部やっておくことをお勧めします。1つの手段に頼るのは危険です。
1.の方法は、上手くいくと本当に何もせずに放置しておけば完了するので便利ですが、後述の体験談の如く、失敗することもあります。
2.は、アプリの再インストールを手動でやらねばならないものの、重要データはほぼ確実に移行することができます。

LINEアカウント引き継ぎ・トークバックアップ

LINEは同一アカウントでの複数端末同時使用が認められていないため、端末変更の際は「アカウント引き継ぎ」処理が必要です。
これをせずに新しい端末で「新規登録」してしまうと、これまで使っていたアカウントが削除されてしまい、友達データなどが一切消えてしまいますのでご注意ください。電話帳と並んで、最重要事項かも知れませんね。
なお、LINEアカウント引き継ぎで友達リストやスタンプ等の情報は復元されますが、過去のトーク履歴は復元されません。必要であれば別途「トークのバックアップ」が必要です。
参考:【2016年最新版】 LINEのアカウントを引き継ぐ方法 : LINE公式ブログ
こちらには、トーク履歴の復元方法も説明されています。

メールアドレス

MNPなどでキャリアも変更する場合、キャリアメール(@docomo.ne.jpや@i.softbank.jpなど)は使用できなくなります。
メールアドレスで登録している各種サービス(通販や予約サイトなど)がある場合は、Gmail等のフリーメールアカウントを取得し、登録内容の変更を前もってやっておきましょう。

【体験談】iTunesが使えませんでした

takebe160224530i9a0327_tp_v

筆者は昨年、iPhone5cからiPhoneSEへMNPしました。その際、iTunesで失敗をやらかしましたのでその話をします。

データ移行に備え、筆者はiTunesを使い、旧端末(iPhone5c)の環境をバックアップしました。
これで難なくデータ移行できると安心しきっておりました。

そして、旧端末の環境を引き継ごうと、SEをiTunesにUSB接続したのですが、

iPhone”〇〇のiPhone”を使用できません。使用するにはこれより新しいバージョンの
iTunesが必要です。www.itunes.com/jpで最新バージョンのiTunesをダウンロードしてください。

なるメッセージが出て、SEを接続させてくれません。
インストールされているiTunesのバージョンを確認したところ、

このバージョンのiTunesは最新バージョンです。

と返してきました(?)。ある時は最新ですと言っておきながら、一方では最新ではないと言ってくる。
iTunesをアンインストール/再インストールしても状況は一向に変わらず。
ということで、iTunesをデータ移行に使えない状態に陥りました。

あとからわかったのですが、原因はiTunesの対応OSの問題でした。最新のiTunesはWindowsVistaをサポートしておりません。
当時、筆者のPCはWindows Vistaだったのです。そんな問題があるなんて全然知りませんでした…

結局、念のために取っておいたiCloudのバックアップ を使って事なきをえましたが、iTunesだけに頼っていたらとんでもないことになるところでした。

iPhoneのデータ移行(復元)関連の処理では、iTunesのバージョンが密接に絡んでくることが多く、最新バージョンを使わないと不具合が起こる場合があります。
普段の使用(音楽データを転送したり)においては、iTunesのバージョンが問題になることはほとんどありませんので、適当に管理しがちです。日頃から、iTunesのバージョンはできるだけ最新状態を保っておくようにしましょう。

また、この事例ではWindowsのバージョンに問題があったわけですが、今後も新たな要因で同様の不具合(新端末を接続させてくれない)が起こらないとも限りませんので、バックアップは一つの手段に頼らず、iTunesとiCloudを併用するなどの備えが必要と言えます。

まとめ

iPhoneでのデータ移行について説明しました。機種変更時のデータ移行においてもっとも重要なことは、バックアップを確実に取るということです。これさえしっかりやっておけば、後で少々失敗しても取り戻すことができます。
一つの手段に頼るのではなく、「こちらがダメならこっちが試せる」という風に、サブの手段が取れるようにしておくと安心です。
特に、電話帳やLINEなどの自分独自のデータは、一旦失ってしまうと取り戻せませんから、念には念を入れて、慎重に扱いましょう。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る