3万円お得にiPhone7に機種変更!絶対知っておきたい情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

iphone7

当サイト限定!今だけ、ドコモオンラインショップでiPhone8やiPhone7、iPadにも使える割引クーポンを配布します!

詳細はこちら

Appleの大人気機種iPhoneの最新機種であるiPhone7が発売されました。前作であるiPhone6s/6sPlusのサイズと同サイズで、中身がさらに進化した最新のiPhoneであるiPhone7への機種変更を考えている方も多いかと思います。
iPhone7に機種変更をする前に、iPhone7への機種変更のタイミング、お得に機種変更できる裏ワザなど、事前の確認は済んでいますか?
この記事ではiPhone7にお得に機種変更するために知っておきたいお役立ち情報を説明していきます。

iPhoneは決して安い買い物ではありません。少しでもお得にiPhone7に機種変更をしましょう!

1.iPhone7ってどんな機種なの?

考える2
スマートフォンのパイオニアであるiPhoneですが、iPhone7はiPhone史上最も優れたスマートフォンです。この一台はまさに現代技術の粋と言えましょう。iPhone6sはA9チップでしたが、iPhone7に使われているものは先進的なA10チップ。カメラ機能も向上し、驚くほど美しい写真や4Kビデオを撮影できる12メガピクセルのカメラに7メガピクセルのフロントカメラが搭載されています。念願の防水防塵、おサイフケータイに対応したのがiPhone7です。

春に発売されたiPhoneSEはiPhone5シリーズと同サイズの小型でしたが、iPhone7はiPhone6シリーズと同じサイズである4.7インチモデルとなっています。
iPhone7の見た目はiPhone6sとほぼ同じですが、その性能はiPhone6sから大幅に進化しています。
防水じゃないから、おサイフケータイ機能がないからiPhoneを敬遠していた方、機種変更のタイミングを迎えた人にぜひオススメしたい一台です。

1-1.デジカメはもう不要

160907_iphone7all6
iPhone7のメインカメラは画素数が1200万画素もあるだけでなく、撮影後の内部処理もより良くなりました。撮影感度が従来より上がり、ピクセルも大きくなって処理速度が60%速く、電力効率が30%向上しました。

以前はPlusシリーズのみのみでしたが、iPhone7 と iPhone7 Plusは両機種とも光学式の手ブレ補正が搭載されました。光学式手ブレ補正とは、カメラに内蔵されている傾きを検知するセンサーの働きで補正用のレンズが動いてブレを無くし綺麗な画像が撮れるようにする機能のことです。また、iPhone6sではF値2.2 のレンズでしたが、iPhone 7 はF値1.8のレンズが搭載されて50%ほど集光能力が上がり、より明るく鮮明な写真が撮れるようになりました。iPhoneは暗いところでは綺麗な写真が撮れないとはもう言わせません。

自撮り(セルフィー)の際によく使うインカメラも従来のiPhoneが500万画素だったのに対し、iPhone7は700万画素にまで高画素化されました。画質自体も劇的に改善されていますので解像感、階調表現力など、今までのカメラより遥かに良くなっています。

1-2.A10 Fusionチップ搭載!

iPhone7の心臓部は、iPhone6sのA9チップから性能を向上させたA10 Fusionチップというものが搭載されています。このチップはデスクトップコンピュータでしか出せなかった性能を発揮し、ゲームやアプリケーションでの体験が一段と豊かで夢中になれるものになります。A10 Fusionチップの完全に新しいアーキテクチャが必要な時に一段と速い処理能力を発揮し、それ以外の時には電力をセーブします。このおかげでバッテリーの駆動時間もiPhone史上最も長くなりました。iPhone6の2倍のスピードで作業をこなしながら、次の充電までの時間にさらなる余裕が生まれます。

1-3.防水防塵!

iphone7all4
iPhoneというと水にも埃にも弱い、脆い機種というイメージでした。iPhone7はボディ全体を再設計することにより、iPhoneとして初めて耐水性能を備えました。これからは、水がこぼれたり、はねたりしても、ホコリがついても、あなたのiPhoneはこれまで以上に守られます。

1-4.Suicaが使えるApple Pay!

これを待ち望んでいたという人は多いでしょう。日本ではガラケー時代から人気機能だったおサイフケータイがiPhone7から使えるようになります。iPhone7には、Suicaが使えるApple Payが組み込まれています。電車に乗る時も、買い物をする時も、iPhone1台で安心です。
このApple Payですが、もちろんクレジットカードにも対応しています。お店やアプリケーション内、ウェブ上でのクレジットカードによるショッピングもワンタッチで完了します。

2.iPhone7へ機種変更するタイミング

akane072160504_tp_v

2-1.前回の機種変更から25ヶ月

現在利用している機種を購入した時期から2年間「月々サポート」「月々割り」といったキャリアの端末値引きがあります。
これは、機種の本体に対してついてくるサービスですので、2年経っていなくとも機種変更をした時点でそれまでの機種のサポートは無くなってしまいます。
また、ピッタリ2年(24ヶ月目)で機種変更をしようとすると、タイミングによっては最後の一月分が無くなってしまう可能性もあるので気をつけてください。

2-2.現在利用している端末の残債があるかの確認

携帯・スマホを購入する際に、2年契約で機種を分割支払い(24回払い等)で購入する方が多いと思いますが、これはローンと同じ割賦販売の契約です。
分割払いとは月々に分割して支払うショッピングローンで、携帯・スマホの契約自体とは別もので携帯・スマホの契約と同時に、端末代金をショッピングローンで分割購入する形となり、24回払いで購入するとその後2年間は毎月の支払いが発生します(前述の月々サポート等の割引で見えづらくなっています)。

つまり前回の機種変更から2年経つ前にiPhone7に機種変更やMNPで乗り換えると、サポートはなくなりますが今まで利用していた端末の本体代金の残債だけは残ってしまいます。
残債がある状態でiPhone7に機種変更をして、iPhone7も分割で契約をすると、前の機種の本体代金の支払いが終わるまでの間しばらくは今まで利用していた端末とiPhone7の2機種分の料金を払うことになります。そうすると月々の使用料が機種変更前よりも確実に大きくなってしまいます。
もし2年間待てないというのであれば、元の機種の本体代金の残債を一括で精算してしまうほうが良いかもしれません。
余談ですが、スマホの端末代金が高額になり支払えなくなるという方がたまに居るそうです。携帯料金ということで軽く見られがちですが、次の機種が分割で契約出来なくなる可能性だけではなく、今後家のローンや車のローンが組めなくなる可能性がありますので、本当に気をつけてください。

2-3.使用している機種に不具合や不満は?

現在利用している機種に不満はありますか?iPhoneを利用している方は、OSのアップデートはしていますか?
iOS11では、通知センターのカスタマイズ、画面を動画撮影できる機能、メモアプリの強化など、iOS10からの進歩が感じられます。その一方で、古い端末でアップデートをすると処理速度が遅くなった、アプリが対応してないといった声も出ています。

どうしてそういったことが起こるのかと言うと、「新しいOS」はあくまでも「新しい機種に使うため」に開発されているからです。新しい機種には「そのOSを入れるための性能」が備わっていますが古い機種にはその性能がないなんてこともあります。
アップデートにはセキュリティの強化も含まれていますが、高性能すぎて古い機種では処理しきれないという部分も多く発生してしまいますので、動作が悪くなった、カクつくようになってしまった、といった不満も出てしまいます。
アップデートのたびに今までの機種は少しずつもっさりしていってるので、古いモデルのiPhoneを利用している方はiPhone7に機種変更するとそのサクサク感に驚くかと思います。

3.キャンペーンを使おう!

最新機種であるiPhone7の機種変更の場合でも、各キャリアから様々なキャンペーンが展開されていますのでよくチェックしましょう。
キャンペーンには特に『期間限定』のものが多いので、気になったキャンペーンは早めにチェックをして逃さないようにしましょう!

3-1.ドコモのキャンペーン

%e3%83%89%e3%82%b3%e3%83%a2

 ■下取りプログラム

今使っているiPhoneを下取り申込みをするとiPhone7の購入代金から最大31,500円(税込)が割引されます。※iPhone6s Plusの場合

■家族まとめて割

家族いっしょに、シェアグループ加入で対象機種を購入すると、その場で1台あたり最大5,184円(税込)引!
同一シェアグループ加入の回線で同時購入ならその場で値引き!
期間:2017年9月1日(金曜)~2017年11月30日(木曜)

■U25応援割

ご利用になる方が25歳以下であればカケホーダイプランの基本使用料から500円/月割引になります。
また、月々の利用可能データ量に、ボーナスパケット1GBが自動的に増量されます。

■秋のスマホデビューキャンペーン

対象機種におとりかえの場合、機種代金から最大5,184円(税込)引!対象機種は2016年5月以降発売のXiスマートフォン、iPhone 7、iPhone 7 Plusです。

3-2.auのキャンペーン

au

■下取りプログラム(機種変更)

下取り対象機種(3カ月以上ご利用)からiPhone7に機種変更することで本体価格から最大23,760円割引されます。
※iPhone 6s Plusの場合

■iPhone交換プログラム

iPhoneをご利用の方が購入対象機種を購入すると最大 45,500円還元!!
さらにau WALLETプリペイドカードに最大5,000円のキャッシュバック。

3-3.SoftBankのキャンペーン

softbank

■ワンキュッパ割

対象機種をご契約されるお客様を対象に毎月の通信料から1年間2,457円を割引くキャンペーンです(2年目以降は1,457円の割引になります)。
対象機種:iPhone

■機種変更先取りプログラム

対象機種のご購入時にご加入いただき、12ヵ月間以上ご利用いただいたお客さまが次の機種変更をする際に、
最大7ヵ月分の旧機種残債を免除するおトクなプログラムです。

 

4.機種変更手続きはどこでするのがいい?

iPhone7が発売されて実際に店舗へiPhone7を見に行った人も多いでしょう。
ソフトバンクショップ等のキャリアのショップであったり、家電量販店やモバワンなど街中の店にふらっと入ることも多いと思います。実際に手にとって見てみるとiPhone7の良さに惹きこまれてしまい、そこで勧められて話を聞くうちにそのまま購入・・・。勢いで購入する前にそれぞれの店舗でiPhone7に機種変更するメリットとデメリットについて考えてみましょう。

4-1.各キャリアのショップ

キャリアのサービスそのものに対するプロが多いのがショップの特徴です。
順番や機種の案内をしているスタッフには知識があまり無い人もいますが、実際に契約端末を操作するスタッフはそれなりに知識のある人が多いです。
機種変更時のデータの移行は原則として自分で管理するものですが、操作の手順を教えてくれたり、最低限動かせるところまでの初期設定(iPhoneだとホーム画面が動作する状態までのアクティベート)を済ませてから受け取れるのが最大のメリットだと思います。
最近では店舗によって来店予約なども出来るようになりました。

4-2.家電量販店や路面店

基本的にスタッフの案内や、キャリアのキャンペーンへの理解度等、スタッフの質の部分にかなりのバラつきがありますので、自分に合わないスタッフだと思ったら別の人にも話を聞いてみましょう。
様々なキャリアを取り扱っているので、例えば乗り換えた場合の金額や、機種変更を実際にした場合の金額などを比較検討することが可能になります。

こちらもショップと同じく、アクティベートを済ませた状態で受け取ることが可能ですが、データの移行は自己責任です。
機種変更まで時間がかかることが多いですが、量販店であればケースやフィルムも待ち時間の間に購入できますし、スマホと同時購入のクーポン券を貰えることもあります。
また、本体代金を一括で購入する際に量販店のポイントが使えたり貯まることが最大の特徴です。店舗によっては機種変更時にポイントや現金還元などをおこなっているところもありますので、ネット検索や店頭などをチェックしてみましょう(都内のみの可能性もあります)

 

4-3.店舗で買うのはデメリットがある!

■在庫量

実はショップの在庫量は少ないほうです。最新タイプのモデルが中心になり、iPhone7発売日の入荷量もかなり削られているのが実情です。
それに比べ量販店ですが、特にビックカメラやヨドバシカメラの大型店舗では、初日の入荷量もかなり多いものになります。その後の入荷状況も、ショップの分まで入荷しているんじゃないの?と思うほどに違いがあります。ただしその分ライバルも多いため、人気の色や容量では入手するまでにかなり待つ可能性があります。

■頭金

ショップ・量販店には、本体価格に上乗せをした『頭金』というものが存在します。
これは、店舗側で決めている『オプション』というものに加入をすることで値引きがされたりするもので、ほぼ強制的に加入になります。一時期「○○をつけないと売らない」という強気な態度の店があったとネットで騒ぎになったこともありました。
オプションの内容は機種や時期によって様々ですが、量販店で3,000円前後、キャリアのショップで2,000~8,000円もします。

……実は、iPhoneには頭金は存在しません!

あの手この手でオプションの加入をスタッフから勧められますが、本来必要のないものですので「入らなければならないのなら買いません」ときっぱりと断ってしまっても大丈夫です。

■オプション(店頭アフィリエイト)

上記で挙げた『頭金』の値引きのオプションと、それとは別に『有料オプション』というものもあります。
『頭金』に対応したオプションはキャリアが提供しているサービスで、「初月無料」に対応したものが多く、サービス料と値引き額も同額や少しお得だったりするものが基本になります。
逆に『有料オプション』は、その名の通り無料期間がありません。また、キャリア外のサイト(例えばオンライン新聞や音楽DL系のサイトなど)になりますので、解約を忘れる可能性が高いです。解約忘れを狙ってわざと気づきにくい、解約もしづらい悪質なものもあります。
たとえキャリアのショップに「加入させられたから解約してくれ」と持って行ったとしても、対応してくれることはまずありません。どうしても操作がわからない場合は買ったお店の店頭で聞くか、電話で聞くことになります。

■時間がかかる

店舗で購入する際に気になるのが「時間」です。最近では少しづつ早くなってきていますが、それでも繁忙期や土日にはそこそこ時間がかかります。対応してくれるまでに数十分、そのあと手続きにも数十分なんてザラで、受け取りまでにかなりの時間がかかってしまいます。
周りに飲食店や色んなお店のある場所であれば、多少の待ち時間も苦にはならないかもしれませんが、他に行き場がない場合で、しかも手元に携帯がない状態での待ちとなれば苦痛でしかありませんよね?

上記の点が嫌だという方は、オンラインショップでの購入がおすすめです。

 

5.慣れた人はオンラインショップへ!

今や何でもネットでできる時代です。iPhone7への機種変更を考えている全ての人にオススメできるのが、ネットで完結できるオンラインショップ!
様々なメリットはあれど、熟練者であればデメリットがほぼないとも言っていいほどお得で便利なのがこのオンラインショップです。
ソフトバンクオンラインショップau Online Shopドコモオンラインショップとそれぞれキャリアの公式のオンラインショップです。
これらオンラインショップが実店舗に比べてどのようなところがオススメなのかご紹介します。

5-1.オンラインショップのメリット

■不要な説明やオプション加入が必要無い

店頭で買う際、不要なオプションなどに関する店員の長い説明うんざりした経験はありませんか?前述したようなオプションに加入させるためにショップの店員は必死に営業かけてきます。
不要なオプションの話以外にも、契約に関係する内容の説明は店員には説明をしなければならない決まり事があります。事務的に『最低限伝えないといけない』項目がありますので、とても手際の良い店員が、購入者の理解度を見て説明を省いていったとしてもどうしてもその分時間がかかります。
その際に、加入する気もないオプションの説明だったり、タブレットの勧誘だったりと煩わしい思いをしたこともあると思いますが、オンラインショップ購入では一切その心配はありません。

■機種変更手数料がドコモは無料

機種変更事務手数料は、全てのキャリアにおいて2,000円~3,000円(税抜き)かかることが普通です。
これは店頭での購入では必ず発生する手数料で、auとSoftBankはオンラインショップでも発生します。
ですが、ドコモのオンラインショップでの機種変更手続きの場合だけ2,000円が無料になるため、通常より少しだけ安く購入することが出来ます!これはxiからxi(FOMAからFOMA)への機種変更の手数料のみが無料になるので、現在FOMAの契約の方がxiに契約変更をすると、手数料は無料の対象外になりますので気をつけてください。

■時間がかからない

週末や仕事帰りなど、他にも予定があったり早く帰りたいのに、携帯の手続きの時間があまりにも長くて嫌になることが一度くらいはあったと思います。特にお得なキャンペーンがある時はお店も混雑していますし、人混みで余計に疲れますよね。
オンラインショップであれば、店舗までわざわざ行かなくても済みますし、肝心の手続きがすぐに完了します。

■24時間購入ができる

夜勤があったり、週末は他の予定があったり、なんだかんだで店舗まで行く時間も無い!という方も多いですよね。
ここはやはり「オンライン」の強みで、夜中であろうと24時間インターネットからいつでも購入が可能です。
家事や趣味、仕事の合間に、ちょっとしたスキマ時間で申込みも完了です!

■豊富な在庫量

公式オンラインショップは各キャリア直営のため、iPhone7の入荷も波が少なく、極端に長い期間待たされる危険は少ないと言えるでしょう。
たとえ販売時点で在庫がなかったとしても、再入荷日がわかっていることが多いので、無駄に店舗をハシゴする必要がないのです。

 

5-2.オンラインショップのデメリット

オンラインショップで購入することのメリットはたくさんありますよね?
時間もお金も浮いていいことばかり!でも、やはりデメリットもあります。

■手元に届くまで数日かかる

郵送で届くため、どうしても数日はかかってしまいます。
しかし、その間、携帯が使えなくなるわけではないのでそれは安心してください。

■初期設定は自分で

手元に届いたあとの設定は全て自分でしないと使えません!
iPhone5以降のiPhoneを利用している方はSIMサイズは同じなので挿し替えるだけで大丈夫ですが、Android機種を利用している人はSIMのサイズが違う可能性があります。同梱されてくるnanoSIMをiPhone7にスムーズに挿せたとしても、設定に進む際にうまくいかないかもしれません。
「SIMを挿して、電源を入れて・・・」
ここでも「なんのことだろう?出来るかな?」と思う方は、前もって情報収集してから購入することをお勧めします。

■PCやWi-Fiが無いとデータ移行が厳しい

iPhoneはiCloudにデータを同期しますが、その為にはWi-Fiが必須になります。通常のショップであれば店頭にWi-Fiが飛んでいますので、待っている間に色々と行うことができます。
自宅にWi-Fiが無い場合、一応パソコンがあればバックアップを取ることもできますし、そのほうが確実に全てのデータを移行することが可能です。
どちらの手段も無い場合は後日ショップなどへ行ってWi-Fiを利用することになりますので、オンライン購入の恩恵であるスピーディさは半減してしまいます。

6.オンラインショップでiPhone7に機種変更するには

実際にキャリアの各オンラインショップでiPhone7に機種変更するにはどうすればいいのかを説明していきます。

6-1.ドコモオンラインショップの場合

6-1-1.必要なもの

・dアカウントのID/パスワード・お持ちでない場合はdアカウントポータルサイトより発行いただけます。
・お忘れの場合は、dアカウントポータルサイトにて再発行いただけます。

6-2-2.お支払いの準備

携帯電話機代金などのお支払いは「クレジットカード払い」、商品のお届け時に配送業者が代金を回収する「代金引換払い」、「毎月のご利用料金に合わせてのお支払い※」がご利用いただけます。

6-2-2.ドコモオンラインショップへアクセス

・商品の選択
・商品受取方法の入力
・料金プラン/サービスの選択
・お支払情報の入力(一括払い・分割払い(12回)・分割払い(24回)からお選びいただけます。また、dポイント・クーポンがご利用いただけます)
・ご注文完了(受付日時・受付番号をお手元に保管していただき、あとは商品を受け取るだけです!)
・配送(お申込みいただいてから最短で2日程度で商品が配送されます)

6-2.au Online Shopの場合

6-2-1.必要なもの

・au ID/パスワード
・au電話番号
・暗証番号(au電話ご契約時にお決めいただいた4桁の数字)

6-2-2.au Online Shopへアクセス

・商品詳細ページより「機種変更」をお選びください。
・購入方法を一括支払いもしくは分割支払いから選択ください。
・ご契約様の情報の入力画面にて、Eメールアドレス、商品お届け先などご入力やお申し込み完了後、ご注文内容の確認にご確認いただく際に必要となるパスワードを登録していただきます。
・お申し込みのご加入審査をさせていただきます。
※お申し込みを承れない場合などは、Eメールにてご連絡いたします。
・ご加入審査後、商品の発送の準備ができましたら、Eメールにて「発送予定日」のご連絡をいたします。
・商品の発送が完了しましたら、配送伝票番号をEメールにてご連絡いたします。
尚、商品到着までに3~4日(お申し込みから約1週間程度)かかる場合があります。

 

6-3.ソフトバンクオンラインショップの場合

6-3-1.必要なもの

・機種変更する機種の 「My SoftBank アカウント」または「携帯電話番号+暗証番号」をご用意ください。
・迷惑メール設定 @mail.mb.softbank.jp からのメールを受け取れるように迷惑メールフィルタの解除をお願いします。

6-3-2.ソフトバンクオンラインショップへアクセス

・機種変更を選んで、機種の選択/受け取り方法の指定
・お申し込み(画面に沿って料金プランやキャンペーンなど必要情報を入力し、お申し込み手続きを進めてください。)
・審査
・お届け(商品の発送手続き開始時、および出荷完了時にメールにてご連絡いたします。通常、出荷完了のご連絡から2~3営業日でご指定の配送先にお届けいたします。)

 

7.まとめ

iPhone7に機種変更で得するためのルールを紹介してきました。これらの情報はiPhone7に限らず機種変更を考えている方向けには参考になる情報かと思います。
2年毎にMNPでキャリアを乗り換える方も居る一方で、キャリアを変えたくない方もまだまだ多いと思います。「機種変更=高い」という先入観を捨てて、iPhone7にお得に機種変更して快適なスマホライフにしてくださいね。
やはり新しいものは魅力的ですし、人生の区切りや気分のリフレッシュに今までに持ったことの無い機種や色にチャレンジしてみるのも良いかもしれませんね。

iPhone7関連記事

機種変更前に知っておきたい、iPhone7のスペックまとめ

気になる!iphone7とiphone6sのスペックの違いは?

iPhone7への機種変更関連記事

【オススメ】auでiPhone7にお得に機種変更!押さえておきたい3つの教え

【オススメ】3万円損する!?ドコモでお得に機種変更をするために絶対押さえておきたい3つのポイント

【オススメ】ソフトバンクで3万円お得にiPhone7にお得に機種変更!押さえておきたい3つの教え

iPhone7がお得に買えるのは?各キャリアとSIMフリー版の価格比較まとめ

iPhone7へのMNP関連記事

知らないと損する!?ソフトバンクのiPhone7へのMNPで知っておきたいこと

知らないと損する!auのiPhone7へのMNPで絶対に知っておきたいポイント

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある

コメント

Comments are closed.