ソフトバンクへMNPする場合のメリットとデメリットを徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

fig_main-sakidori

ソフトバンクと聞くと何を思い浮かべるでしょうか。やはりあの有名なCMがすぐに頭に思い浮かぶのではないでしょうか。
CMにより知名度が一気にアップしたソフトバンクですが、ソフトバンクにMNPで乗り換えを行うとお得なことをご存知ですか。
現在は格安SIMなど、お得にスマホを利用できる通信会社も存在します。
しかし大手キャリアのスマホの一番のメリットは、なんといっても安定した通信の速さにあります。
いくらスマホを安く使えても、動画も遅く見れない、ネットも重くて使えない、なんてことがあれば本末転倒です。

大手キャリアはスマホの料金が高い、そういったイメージをお持ちの方も多いことでしょう。

あなたは現在、どこのキャリアのスマートフォンをお使いでしょうか。今のキャリアには不満もあるし、他社に乗り換えようかな、とお考えのドコモ、auユーザーの方はいらっしゃいませんか?
今回の記事では、ソフトバンクへMNPするメリットとデメリットをご紹介します。

安定した通信のスマホをお得に使えたらうれしいですね。

 

 

ソフトバンクへMNPする場合のメリットとデメリット

メリット

下取りプログラムの利用でお得

ソフトバンクのりかえ下取りプログラム
ソフトバンクでは他社から乗り換えの際に、今まで使っていたスマホを下取りしてくれます。
他社の物も下取りしてくれる、というのはとても嬉しいですね。

こちらの下取りプログラムを利用すると、最大26,400円の割引がされる可能性もあります。
またこの下取りプログラムの嬉しいところは、携帯電話も下取りしてもらえるのです。
スマホデビューを考えているユーザーにも大助かりのキャンペーンではないでしょうか。

ただし下取りプログラムの利用には条件があります。

  • 他社からののりかえ(MNP)と同時にソフトバンクでスマートフォン、ケータイ(当社指定機種)を購入すること
  • 「通話定額基本料/通話定額ライト基本料/通話定額基本料(ケータイ)/通話定額ライト基本料(ケータイ)」+「データ定額サービス」または「ホワイトプラン」+「パケットし放題フラット」へ加入すること

以上の2点に加え

  • MNPの翌月末までに下取りの申込をすること
  • 下取り対象機種が正規に購入されていること
  • お申し込みする方が下取り対象機種の所有権を保有していること
  • 製造番号(IMEIなど)が確認でき、改造などメーカーの保証外ではないこと

以上の4点もキャンペーン適用条件になります。

また、電源が入らない、初期化されていない、ロックが解除されていないスマホも下取り対象外になるのでご注意くださいね。

機種変更先取りプログラムの利用でお得

機種変更先取りプログラム
現在ソフトバンクでは「機種変更先取りプログラム」キャンペーンが実施されています。
今まで2年縛りに悩まされてきたユーザーも多いのでは。2年の期間は長いので、新しい機種が発売されても易々と機種変更はできなかった、という経験はありませんか。
このプログラムを利用すれば2年待たなくても、新しい機種に変更することができます。

 

機種変更先取りプログラム
24か月の分割支払い金のうち、最大7か月分の分割金をソフトバンクが負担してくれる、というものです。
プログラム利用料として毎月300円、前倒し手数料として2,000円必要です。
しかしこのプログラムのすごいところは、もし特典利用しなければプログラム利用料を最大48か月分全額返金してくれることです。

プログラムを使わなければお金が全額戻ってくる、となると気軽に利用することができますね。

デメリット

手数料の発生

他の通信会社に転出する際、MNP手数料2000円(税抜)が発生することはご存じでしょうか。
また、転入する際も手数料が発生します。
ソフトバンクの新規契約事務手数料は3,000円(税抜)必要なので、乗り換えには5000円(税抜)の費用が必要ということになりますね。
以前は転入先がキャッシュバックキャンペーンを行っていたこともあり、費用を賄えるケースもありましたが、以前に比べるとキャッシュバックを行っているショップは少なくなりました。
しかし一部のショップやネットの代理店では、まだキャッシュバックを実施しているところもあるので、必ず事前に確認しておきましょう。

また、転出元のキャリアでは、解約するタイミングによって解約料が発生することもあるので、ご注意ください。
いわゆる2年縛りというものですが、これは2年経てばいつでも解約できる、というものではないのです。
2年ごとに契約が更新となるので、更新月以外に解約すると解約料として9,500円(税抜)が発生してしまいます。

もしソフトバンクへ乗り換えをお考えの方は、今お使いのスマホの更新月を必ず確認しておきましょう。

まとめ

ソフトバンクへ乗り換えする場合のメリットとデメリットをご紹介しましたが、いかがでしたか。
他社へ乗り換えをすることはメリットばかりが強調されていますが、あとで後悔しないようにデメリットも必ず知ってく必要があります。

ソフトバンクへ乗り換えをする際に魅力的なのは、「機種変更先取りプログラム」のように乗り換え後もメリットがあることです。
メリットとデメリットを正しく知っておくことで賢く乗り換えをしましょう。
この記事の情報が少しでもお役にたてば幸いです。

【ソフトバンク携帯のりかえでどこよりも高いキャッシュバックを保証します!】    
【ソフトバンクのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【auのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】
【ドコモのiPhone8、スマホを購入したい方はこちら】

販売店比較早見表

店舗名

                                           詳細

おとくケータイ

乗り換えキャッシュバック最高額を保証してくれます

  • オンライン完結でテナント費がない分、キャッシュバック金額が大きい
  • webだけではなく電話やメールで相談もできるので安心
  • キャッシュバック最高額を保証してくれる
  • ソフトバンクに乗り換えるなら最もお得

ソフトバンクオンラインショップ

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

  • 各キャリア公式のためiPhone8含め人気機種の在庫が豊富
  • 24時間対応でオンライン完結のため時間をとられない
  • オンラインショップ限定キャンペーンもあり、プランも自由に選べるため料金を安くできる
  • キャリアを乗り換えない機種変更なら一番お得

ソフトバンクショップ, auショップ, ドコモショップ

  • 不要なオプション加入など営業をされる
  • キャッシュバックは出ない場合が多い
  • 混雑しているため非常に時間がかかることがある
  • 店員の質にばらつきがある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る